プライバシーポリシー(個人情報保護方針)


「100人の人生、100通りの終活」

一般社団法人 終活支援センター(以下「終活支援センター」といいます。)は、事業活動を行っていく上で、個人情報の保護が重要な課題であると認識しています。よって終活支援センターは以下の方針を制定し全職員等に周知徹底し、確実に実行いたします。

1.終活支援センターは、個人情報を適正に取扱うために、個人情報の保護に関する法律、その他個人情報に関する関係諸法令のガイドラインに定められた義務を誠実に遵守します。
なお、個人情報とは、法第2条第1項に規定する、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるものをいい、以下同様とします。

2.終活支援センターは利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめ、ご本人の同意を得た場合および法令により例外として取扱われるべき場合を除き、その利用目的の範囲内でのみ個人情報を取扱います。

3.終活支援センターは、個人情報を取得する際、適正な手段で取得するものとし、利用目的を、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ公表するか、取得後速やかにご本人に通知または公表します。 ただし、お客様ご本人から書面で直接取得する場合には、あらかじめ明示します。

4. 終活支援センターは取扱う個人データを利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、また安全管理のために必要・適切な措置を講じ、職員等および委託先を適正に監督します。 なお、個人データとは、法が規定する、個人情報データベース等を構成する個人情報をいい、以下同様とします。

5. 終活支援センターは、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人データを第三者に提供いたしません。

6. 終活支援センターは、保有個人データについて、法令に基づきご本人からの開示、訂正等に応じます。 なお、保有個人データとは、法が規定する、NPO法人 終活支援センターが開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データをいいます。

7. 終活支援センターは、取扱う個人情報につき、ご本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのための内部体制の整備に努めます。

8. 終活支援センターは、取扱う個人情報について、適正な担当部署責任者による内部監査を実施するなどして、本保護方針の継続的な改善に努めます。

 

業務内容と利用目的について

一般社団法人 終活支援センターの業務内容と個人情報保護方針に基づく個人情報の利用目的は次のとおりです。

●終活支援センター、広く市民に対し、遺言・相続・成年後見等既存の制度利用の促進、更には 判断能力や体力が低下した場合の暮らし方・住居・介護・尊厳死から葬儀や墓、散骨財産や住居の整理などといった死後のあり方までを総合的に考えるための情報公開を行い、各人の希望を実現するため公正証書遺言等に基づく終末期の綜合支援を行う。
このような活動を通して、誰もが安心して老い、尊厳ある一人の人間として望み通りの最期を迎える事が出来る社会を実現し、ひいては多種多様な価値観の持ち主が互いを尊重し、共生して行ける社会作りに貢献する事を目的とする。

●介護・住居・相続・保険・生前事務委任契約・財産管理等委任契約・任意後見契約・見守り安否確認・死後事務委任契約・遺言執行契約・葬儀・散骨・霊園・お墓・合祀墓地・寺院・セミナー・生活に関する全般的なサービス・終活ノート・書籍等の販売に関する業務のご案内や申し込み受付業務、契約に関する業務の範囲において個人情報を利用できる事としております。


2016年2月1日(平成28年)
一般社団法人 終活支援センター

個人情報に関するお問合せ先 : 一般社団法人終活支援センター 事務局 TEL 011-641-5060