終活 -包括契約-
終活メニュー

終活を知る

終活支援センター

一般社団法人
終活支援センター
〒060-0042
札幌市中央区大通西15丁目
1-12MS大通4F
TEL:011-641-5060
FAX:011-641-7756
info@syukatsu.or.jp

生活サポート
終活会員になると
『生活サポート』をご利用できます。日々のお悩みを生活サポートで解決してください。

賛助会員募集中!
終活支援センターでは活動を支援していただける賛助会員を募集しています。個人・企業の方からのご支援が終活を後押しいています。

墓 地(霊園)

墓地(霊園)の種類について

管理・運営主体により、「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」の3つに大きく分けられます。
他にも個別の区画に墓石を建てるのではなく、共同の納骨堂に遺骨を納骨するものもや部落単位で形成し管理経営している共有墓地等あります。

公営墓地

都道府県、市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地を公営墓地と呼びます。

民営墓地

財団法人、社会法人、宗教法人から運営委託を受けた民間企業などさまざまなところが管理・運営している墓地のことを言います。
付帯施設や管理体制は、墓地により差があるようです。

寺院墓地

お寺が管理・運営する墓地のことです。
墓地の多くがお寺の境内にあります。
また、寺院墓地はそのお寺の檀家になることが前提になる場合がほとんどです。


お 墓

お 墓

お墓にも多くの種類があります。

個人墓 / 夫婦墓 / 寿陵墓 / 永代供養墓
合祀墓 / 納骨堂 / 家墓 / 両家墓
共同墓 / 会社墓・団体墓

社会が変化してゆく中で、「お墓」はどうなっていくの?

高齢化・核家族化・少子化という家族の姿が大きく変化してきた今、子供のいない夫婦・シングルの人・子供がいても娘だけの家にとっては、代々後継ぎを決めなければならない『お墓の継承システム』に問題が生じてきています。
今の「墓」の権利は基本的に『所有権』ではなく『使用権』です。
つまり継承者があって初めてお墓は存続するということになっています。
また、少子化によりお墓や仏壇を抱えた長男長女が結婚して、二つの宗旨宗派を持ち、
二つのお墓・仏壇を持って継承するということが現実の時代になってきています。

お墓に対する悩み

・子供達に自分の死後負担をかけさせたくない。
・自分には継承を託す子供がいない。

など深刻な継承者問題が表面化してきています。

高齢化・少子化・環境問題などを考えると、血縁など縦社会の「○○家の墓」から、
それに代わるコミュニティやネットワークなどの横社会の関係が「個人主体の墓」の基盤となる時代が来ています。

お墓終い(代行海洋散骨)のご案内

お骨は粉骨にして、当団体が小樽沖に「代行散骨」を行い、海に自然に還します。既存のお墓から、お寺にご遺骨が有り承継者などで悩んでおられる方はご相談ください。

『霊園・お墓・合祀墓地 見学ツアー』

終活支援センターでは、「霊園・お墓・合祀墓地 見学ツアー」の開催を予定しています。

 

合祀墓地

合祀墓地とは?

合祀墓地とは、「永代供養墓」で、一般に合祀墓と云われ、家族以外の人の遺骨を複数収める墓をいいます。
「合祀墓」は、「集合墓」「合同墓」「共同墓」「合葬墓」などと呼ばれることもあります。

終活支援センターは、遺言・相続・介護・住居・墓地・霊園・葬儀・散骨・保険について、「わからない事」を専門家による終活セミナーや、終活相談会、終活体験ツアー、終活フェアーなどを通して理解していただき、皆さんの『終活』を支援していく団体です。

北海道の樹木葬「北の森共和縁-樹木葬-」仮予約受付中です。合祀墓・個人墓・二人墓 詳細は特設サイトをご覧ください。[ こちら ]

 

 


Copyright (C) 2016 Syukatsu General Incorporated Association. All Rights Reserved.